理事長就任のごあいさつ  

 

平素より当法人の運営につきましては、格別のご理解、ご支援を賜り、

誠にありがとうございます。

私儀、令和4年6月10日に開催された総会および理事会において大塚

  國敏前理事長の後任として理事長を拝命し、重責に身の引き締まる思いで

  す。この度の理事長就任にあたり、一言ごあいさつ申し上げます。

当法人、練馬区障害者福祉推進機構は、前理事長が中心となり、平成14

年5月、障害者への生活支援と就労促進活動などを目的に設立されたNPO

法人で、障害のある方一人一人を尊重し、障害者への就労支援を通して「共

に生きる」社会の実現を基本理念としています。

 現在、就労継続支援A型事業所である「すくらむ事業所」および練馬区立施設2施設の指定管理業務で計17名の障害者が就労しています。また、民間事業者と共同で運営している練馬共同事業所事業では法定雇用率を超えた障害者の雇用の実現に努めています。

設立から20年が経過し、働き方に対する社会の考え方が大きく変わって

きました。また、NPO法人に対する社会の見方も厳しくなってきています。

私としては、これまでの実績を基本に、更なる就労環境の向上、組織運営に

おけるコンプライアンスの徹底など、より信頼される法人の実現に向け取り

組んでいきたいと考えています。

理事長の交代により練馬区障害者福祉推進機構は、新たな時代を迎えて

  います。前理事長はじめ多くの関係者が築いてきた成果を引き継ぎ、役職員

  一体となって、これまで以上の障害者支援の実現を目指していく決意です。

   今後とも、引き続き、ご支援ご協力を賜りますよう何卒よろしくお願いい

  たします。

 

      令和4年6月吉日  

特定非営利活動法人

練馬区障害者福祉推進機構

理事長  光永 勉